阿川龍翔オフィシャルブログの記事一覧

あなたがモヤモヤしているなら・・・

いつも胸の奥底から叫んでいる声が聴こえてきませんか?

耳の奥で囁きかけている声が聴こえませんか?

誰もいないのに、頭の後ろの方から声が届くことがありませんか?

 

これって、変な現象でも、あなたが特異体質なのでもないですよ。

強いて言えば、あなたが正常です。

 

~~~。。。***~~~***~~~。。。***

 

心の奥底では、いつも本当のあなたが叫んでいます。

耳の奥には、そこはこうした方がいいという声がいつも届いています。

頭の後ろにはいつもガイドがいて道を教えてくれていますね。

 

はい!あなたも、私も、わたしたちはいつもそうです。

 

***+++***+++***+++***

 

私たちはいつも守られているのですね。

すべてうまくいくように守られているのです。

決して一時でもそれを疑う必要はないです。

一ミリたりとも疑う必要はないです。

 

疑うことなどなく、その時間でさえ、

自分のできることに全て力を注ぐことですね。

 

+++++****++++****

 

もし、

胸の奥底から叫んでいる声が聴こえてきたら、

耳の奥で囁きかけている声が聴こえてきたら、

誰もいないのに、頭の後ろの方から声が届いたら、

 

目の前にいる誰かのアドバイスなどより、

その声に素直に従ってください。

 

その声を最優先してください。

親の忠告や、親のアドバイスよりもその声に従ってください。

 

私の経験では、その声がすべて答えです。

 

大事なのは、その声を答えとして、実際に行動できるのかどうかですね。

 

ほとんどの人が、その声は聴かなかったことにして、

いえ、完全に無視をして、

別の人のメッセージや忠告に従います。

そればかりか、その声と反対の方へ進むように行動します。

 

***+++***+++***+++

 

すると、どうなるのか?って??

 

そんなのうまくいくはずがないのです。

 

宇宙法則と逆に進んでいるということです。

 

言い方を変えると、

宇宙を敵に回して、自分で何とかしようとしているのです。

 

勝てますか?

上手くいきますか?

 

純粋にどうですか?

宇宙を敵に回して、どうなりますか?ということですね。

 

そんな必要はないですね。

 

ただただ、胸の奥底の声に耳を澄まし、

耳の奥の囁きを聴き逃さず、

頭の後ろから聴こえたメッセージに従う。

 

たったそれだけでいいのですね。

 

簡単です。

 

たったそれだけですが、

このたったそれだけが、できないのですね。

100人いても、2、3人できたらいい方かもしれません。

あとの98人は、宇宙と戦います(笑)

 

宇宙は敵と感じているのかもですけど、

自分の生まれ故郷であり、自分の母ですよね。

 

私たちはいつも守られていますね。

 

ありがとうございます。

 

 

2018-10-07

いつも上手くいっている人に備わっているもの

こんにちは 阿川です

私は、たくさんの色々な人に会います。

なので、いろいろな人を見ることになります。

 

そうすると、その人が今は、どうで、

その後どうなったのか?をみることにもなります。

 

今まで出会った多くの人は、そのまま または、

悪くなると言うような人が多かったです。

 

なぜ、そんなことになるのか推測してみました。

 

+++++~~~~++++~~~~

 

いつも前へ前へと進んでいる人は、

正しい軸×ぶれない心×続ける行動

これが、きっちりできている人でした。

***+++***+++**

 

反対に、そのまま または、悪くなる人は、

正しい軸ではない

いつも心がぶれている

長続きしない

どれが欠けてもうまくいかないので、

どれかがかけているか、

すべて欠けているという人もおられました。

 

+++++****++++

 

じゃあ、この三つがそろったら、

ジャンプアップするのかというと、

そうでもないのです。

 

***+++***+++**

 

もうひとつ大事な事があるのが忘れ去られていますね。

これを読まれている方はお分かりですよね?

 

+++++****++++

 

この三つの

正しい軸×ぶれない心×続ける行動

の土台に、「感謝の心」が必要なのです。

 

感謝の心の土台がないと、いくら正しい軸でも、

いくらぶれない心でも、いくら続けても、

うまくいかないので、

最終的には、続けられないのですね。

 

感謝の心や、全てのものへの愛などは、

完全な宇宙の真理ですけど、

そこを土台にせずに、何かをやろうとしている人が

多いと言うことですね。

 

 

そんなことより、より多く実をとろうとするけど、

取れない、、みたいな。

 

それでは、いつまでも実がとれない、、のですね。

 

***+++***+++**

 

もし、もし、何かに悩んでいる、

うまくいかないことがある人がおられるのであれば、

あらゆることに感謝してみてください。

 

ものをもらうこと、お金をもらうことにだけに

感謝するのではなくて、

あらゆることです。

 

今、息をしているというようなこと、

今日、電車に乗せてもらえたこと

コップがあったこと

紙と鉛筆があったこと

携帯電話がつながったこと

 

そんなあらゆることです。

 

+++++****++++

 

感謝の心を取り戻すことが、

物事をうまくすすめることですね。

 

 

***+++***+++**

 

こんなこと、敢えて言わなくてもいいのでしょうが、

答えを探している人には、盲点かもしれませんので、

あえて書きました(笑)

 

「ありがとう大臣」の本なんて、

そのことをつたえるためだけに書いたような本なのです。

人間が、忘れてはいけないことなのに、

すぐに忘れてしまうこと。

 

どん底まで落ちた時には、思い出すかもしれないけど、

上にあがると、すぐに忘れてしまうこと。

 

上手くいかなくて、どうしようもない時は、

思い出すかもですが、

上手くいっているときは、忘れてしまうこと

 

上手くいっている時ほど、感謝なのですね。

 

これは、完全な宇宙法則です。

詳しく知りたい方は、お声をかけてください。

 

いえ、みなさん知っていることなのです。

でも、忘れてしまっているというのが現実です。

 

これを思い出したら、もう心配ないですね。

 

ありがとうございます。

 

2018-09-06

目的地に辿り着くのに必要なもの

アスリートの世界では、当たり前なのですが、

記録を出すには、

正しい軸×ぶれない心×続ける行動

 

これらがなければならないのです。

 

***+++***+++***+++

 

それを知っているアスリートは、

それをなすために、コーチをつけています。

ひとりの場合もありますが、

複数のコーチを付けている人も多いです。。

 

もし、あなたが、
いくつものセミナーや講演に
 
参加しても、何も変わらなかったのは、
 
ここにあるのかもしれませんよ!

+++++****++++****

 

技術を伝えるコーチ

メンタルを整えるコーチ

 

技術を伝えるコーチは、

技術だけのことも多いのです。

メンタルは本人まかせ。

 

すると、

本番で本人がメンタルが整わなければ、

結果が出せずに、負けてしまうのです。

 

***+++***+++***

 

だから、

メンタルを整えるメンタルコーチも

付けているのです。

 

~~~***~~~***~~~

 

でも、私は、アスリートではないから、、、

という人でも、

自分の想い描いている人生にしようとするなら、

コーチはいた方が楽ですね。

 

自分で何とかできる人ならいいですが、

一般的には、

自分で何とかできる人ばかりではないです。

 

技術的なことを伝えるコーチと

メンタルを整えるコーチ

両方がいた方が、

自分の人生が想いのままに加速しますね。

 

もし、あなたに、コーチがいなくて、

ひとりでもがいているなら、

コーチは探した方がいいです。

 

その方が早く、

あなたの想い描いているポイントに

たどり着きます。

 

私の経験では、技術も大事ですが、

メンタルを整えることは、もっと大事です。

 

+++++****++++

 

しかし、人は、技術に頼りますが、

それでは、目的地に辿り着かないのです。

 

途中で、

メンタルがついていかなくなるのです。

 

正しい軸 × ぶれない心×続ける行動

 技術  ×  メンタル

 

技術に、ゼロをかけても、ゼロですからね。

あなたには、メンタルコーチがいますか?

 

そんなもの必要ないとお考えですか??

 

 

2018-08-25

日本一の準備

連日、熱戦が繰り広げられている夏の高校野球

球場には、その熱戦を一目見ようとたくさんの方が

来られているようです。

 

***+++***+++***+++***

 

その方たちが目にするのは、野球だけではありません。

グランドに立つ選手たちの一挙手一投足すべての動きに

視線が注がれます。

 

ある優勝常連校の選手のインタビューで、

「なぜそんなに強いのか?」と聞かれた選手は、

 

「僕たちは、日本一の”準備″をしています」

 

そう言ったというのです。

 

+++++****++++****++++

 

日本一の準備をしているから、試合に勝つ

ある意味当たり前のことですが、

甲子園を目指す全ての高校球児がそうかというと、

そうではないような気がします。

 

準備はしていても、日本一の準備ではない。

 

日本一の準備をしいているから、

相手選手の突然のアクシデントにも、

すぐに手を差し伸べられるのですね。

納得です!

 

***+++***+++***+++***

 

これを聴くと、やはり私たちが進めていたことは

間違いではないと確信しました。

 

小学校の授業の種です。

この夏休み期間を利用して、

二学期のすべての授業の一コマ一コマの種を確認しました。

もちろん、体育、道徳などすべての授業の一単元についてです。

さらには、理科と社会、算数がこのように関連している

体育ともこんな風に繋がっているということも確認しました。

 

+++++****++++****++++

 

道徳の単元には、生きていく上での人間として

どうあるべきかという大切な種がありました。

この時点で、二学期の授業は完成しています。

 

+++++****++++****++++

 

もし、二学期の授業の完成度を問われたら、

日本一の準備をしたことになります。

 

このことが、子どもたちにどのように影響するのか。

 

***+++***+++***+++***

 

すべてとは言いませんが、

子どもたちを日本一に導く種を渡すことになります。

 

夏休みだから、

授業がないから、

子どもたちも休んでいるのだから、

そんな理由で、教科書も開かないのでは、

始まった時点で、

「勝負あった」となるのではないでしょうか。

 

+++++****++++****++++

 

こちらは、毎日教科書をワクワクした気持ちで開いて、

子どもたちにどんな種を渡すことができるのか?と

眺めているのです。

 

その種を記録したノートが、

何冊にもなるほど、

一つ一つの授業を見つめているのです。

 

***+++***+++***+++***

 

その想いは、

「子どもたちをよろこばせるために」です。

 

自分が喜ぶために、

自分が楽をするために、

自分が褒められたいから、

ではないのです。

 

+++++****++++****++++

 

子どもたちを喜ばせることを常に意識して、

その行動をしていたら、

 

結果として、

自分が喜ばされることになり、

自分が楽になり、

自分が楽しくなり、

自分が褒められることになったりすると言うことです。

 

***+++***+++***+++***

 

小学校の先生方に質問です。

この時点で、

二学期の授業の準備は、

日本一の準備ができていますでしょうか?

 

ありがとうございます。

 

2018-08-19

小学校の先生に質問です!

いきなりですが、

小学校の先生に質問です。

 

 

「今、あなたは、役に立っていますか?」

 

 

は?

 

 

役に立っているか?

 

 

そりゃ、子どもたちの役に立っていますよ!と言い切れますか?

 

役に立っていない!なんてことは言いません。

 

 

本当にそれでいいのか?をお聴きしているのです。

 

+++✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎+++

 

 

フランス料理の◯◯のポワレと言われて、いったいどんな料理なのかわからないように、

今日の授業は、分数や!と言われて、ポワレと言われたような心境になっている子どもたち。

 

 

あなたが役に立っているという授業がもし、そんなものなら、

本当に役に立っていますか?

とお聴きしているのです。

 

✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎

 

 

子どもたちは、いつも、あなたが役に立っているという「ポワレ」を目の前に置かれて、食べろ食べろと言われる。

 

何かもわからないものを、役に立つからという理由だけで、食べろと言われる。

 

 

それ?

 

食べられますか?

 

 

この世で一番最初にアワビを食べる心境が、毎授業で起こるのです。

 

 

好奇心という言い方なら、楽しいのかもしれませんが、

 

ほとんどの子どもたちは、勘弁してほしい、、という意識ではないですかね。

 

+++✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎+++

 

 

それでは、本当の意味で、

役には立っていないですよね?

 

 

子どもたちの役に立つって、どういうことですか?

 

 

本当の意味で役に立つとは?

 

 

そこを意識していますか?

 

 

そこを意識しないで、教師をしていていいのでしょうか?

 

 

✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎+++✳︎✳︎✳︎

 

 

そのことに気づいて、ポワレの授業をやめた先生のクラスに何が起こったか?

 

 

その世界を見てみたいとは思われませんか?

 

あなたの想像には全くない世界です。

 

 

同じ子どもたちとは思えない。

 

 

今までの毎日とは同じとは思えない。

 

 

なぜ、もっと早くこのことを知らなかったのかと思う。

 

 

自分の体が、力に満ち溢れていることに気づいた。

 

 

そんな言葉をあなたは口ずさむことになるでしょう。

 

 

すべては、あなたが役に立っているのか?どうかを見つめることからです。

 

 

ありがとうございます!

 

 

2018-07-30
Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.