「恩を仇で返す」のか、それとも、「恩を言葉にする」のか。

2016-01-10
バスを降りる際に、
バスの運転手が今まで
乗車していた乗客に向けて、
「ありがとう」
という言葉をかける。


 運転手によっては、
何も声を発しない場合も
あるが、会社がやらせて
いるからなのだろうか、
ほとんどは声かけをする。


「あざーす」
「あざーす」
「あざーす」
「あざーす」


最近では、運転手が装着
しているマイクを通して、
自分が降りる番になるまで、
その声は車内に響いている。


会社から
降車時には挨拶を
するように言われたから、
仕方なしに言っている
のだろうか。



聴こえてくるのは、
「あざーす」という声だ。


本当に、心から有難いと
感じて、声にしているなら、
そうはならないはずだ。


恩を仇で返すという
言葉があるが、
そうなっているように
しか感じない。


そう捉えれば、納得もできる。
 「あざーす」と聴こえるのは、
「仇ーす」なのだ。


とはいえ、この運転手を
捕まえて、説教するわけ
にもいかない。


 その代わり、降りる時に、
 ゆっくりと、丁寧に、
 恩を言葉で表すように、
 「ありがとうございます。」
と言い、
お金と整理券を入れた。


運転手が、
何かを感じたのかは、
不明だが、
 恩を言葉で表すならば、
せめて「ありがとう」
とハッキリと言葉に
することを学ばせて
いただいた。



 

今日もありがとうございます!
 

 
 
@@阿川龍翔の主な活動@@
① 人生を豊かにするのに唯一
必要な「ありがとう」を解説
します。
②「私の取扱説明書」を作成
する講座を開催 しています。
③「本当の自分にあう」
合宿の開催。
 直近の合宿 
 鹿児島合宿(2月)
④「自分の使命」に氣付く
ための「ゼロポイント」
セッション。
⑤「宇宙の真理」に氣付く
ための「ワンステップ」
セッション。
⑥「自分を愛する」ことを
知るセミナーの開催。
⑦ 企業や店舗、人財に対して
の優しいダメ出し。
⑧ ハガキを用いて人を喜ば
せるワークショップの開催。
⑨「言葉の使い方で人生を
変える」セミナー の開催。
⑩ しあわせをお届けする
「しあわせ新聞」の発行。
 
阿川龍翔オフィシャルサイト
 https://www.heartwarmer2525.com/
Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.