たったの5秒

2016-09-15


皆様、こんにちは♬
お元氣でしょうか?

 

 

いつも
ありがとうございます!

 

 

定点観測のために

大阪、梅田の百貨店へ

行きました。

 
入り口の前後どちらにも

開くガラス扉を通り過ぎる

際に、後ろから人が来て

いるのがわかっていたので、

先にガラス扉を押して

中に入り、扉を持った

まま、後から来る人を

迎えました。

 
軽く会釈して、その方は

通り過ぎました。

 
そして、扉から手を離して、

中に進もうとした瞬間に、

その後方に赤ちゃんを

抱っこしたお母さんが

視界に入りました。

 
一旦、中へ一歩進んだ

ところで、

「あかん!あかん!」
心の中でそう言いながら、

扉のところに一歩戻り、

ガラス扉を開けて

お母さんが来るのを

待ちました。

 
3秒ほどのことです。

 
すると、そのお母さんは、

「ありがとうございます」

と感激して言いました。

 
「いえいえ、私にできる

ことはこれぐらいのこと

です」と笑顔で返し

ました。

 
この5秒を、ムダだとして、

待てない自分でいなかった

ことを、良かったと

感じました。

 
もし、この5秒が

待てないで、お母さんが

視界に入っていたのに、

そのまま先へ進んで

いたら、今ごろ、

なぜあの時、

待てなかったのか?

と書いているところ

でした。
たった5秒のことです。
しかし、5秒待てる

こともあれば、
待てずに後悔することも

あります。

 
あなたなら、この5秒を

どうなさいますか?
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.