どうぞ!と言えますか?

2016-04-23


皆様、こんばんは♪
お元氣でしょうか?

 

 

いつも
ありがとうございます!

 

 

あなたは、ゴミを拾う人

ですか?

 

 

自分の落としたゴミだから

と拾うのは普通だという

のは、もう昔の話なのかも

しれませんね。

 

 

 

日本では、自分が落とした

ゴミでも拾わない。
人が落としたゴミはもちろん

拾わない。
自分が落としても、誰かが

拾うだろう。
こんなことが普通になりつつ

あります。

 

 

自分が落としたゴミを拾い、
人が落としたゴミでも拾う

ことをしていると、

何をしているのですか?

と言われることもありますね。

 

 

どうしてこんな日本に

なってしまったのでしょう。

 

 

自分の落としたゴミを

拾うのは損、
人の落としたゴミを拾う

のも損、
そういった考えが普通に

なってしまったのですね。

 

 

ゴミを拾うのに、損も得も

ありません。

 

ただゴミが落ちているから

拾う。
あはたは、

ゴミを拾う人ですか?

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さて、
今日もハートウォーマーに
まいりましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

自分を先にするのか?、

どうぞと言うのか?

あなたはどちらですか?

 

 

自分を先にする人は、

目の前に誰かいても、

常に自分が先にしないと

気が済みません。

 

 

それが、ホストとゲストの

関係でもです。

 

 

もてなす側の人間だとしても、

自分が先にする用事があると、

目の前にいるゲストには、

目もくれず、自分の用事を

先にしないと気が済みません。

 

 

そうなると、目の前にいる

ゲストは、気分がよく

なりません。

 
いえ!気分が悪くなります。

 

 

 
それとは、反対に、
どうぞ!と言える人は、

自分の用事があっても、

目の前にいるゲストを

優先することができます。

 

 

 

目の前にいるゲストは、

気分が悪くなることは

ありません。

 

 

そればかりか、目の前の人を

優先できる人になると、

もし、接客されている途中で、

電話がなっても、どうぞ

電話をとって下さいと

相手を優先する提案を

することもできます。

 

 

自分を先にするのか?、

どうぞと言うのか?

あなたはどちらですか?

 

 
今日もお読みいただき
ありがとうございます!

阿川龍翔オフィシャルサイト

にて、ご登録いただきますと、

メールマガジンとして、

お届けします。

 

 

 

ありがとうございます。
阿川龍翔の主な活動
① 人生を豊かにするのに唯一必要な「ありがとう」を解説します。

②「私の取扱説明書」を作成する講座を開催しています。

③「本当の自分にあう」合宿の開催。

④「自分の使命」に氣付くための「ゼロポイント」セッション。

⑤「宇宙の真理」に氣付くための「ワンステップ」セッション。

⑥「自分を愛する」ことを知るセミナーの開催。

⑦ 企業や店舗、人財に対しての優しいダメ出し。

⑧ ハガキを用いて人を喜ばせるワークショップの開催。

⑨「言葉の使い方で人生を変える」セミナーの開催。

⑩ しあわせをお届けする「しあわせ新聞」の発行。
 
阿川龍翔オフィシャルサイト
https://www.heartwarmer2525.com/

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.