どの流れにするのかで、違う未来になります。

2018-10-13

卵が先か、鶏が先かというようなどちらが先なのかを問われることがありますね。

 

しかし、物事の多くは、卵でも鶏でもなく、先に大事にしなければならないものがありますね。

 

それを知らずに、卵か鶏どちらかを迷いながら選んでしまうと、自分が望んでいない結果がやってくることになりますね。

 

こんなことは敢えて言うまでもないことなのでしょうが、昨日からこのことを伝えるようにずっと言われているので、ここに書きます。

 

***+++***+++***+++

 

一般的には、何かをしてもらうと、何かを返すということが当たり前なのかもしれません。

 

もっと言うと、何かをしてもらわないと、何も返さない。

または、何かをしてもらって初めて、何かを返す。

もしくは、何かをしてもらっても、何も返さないということもあるのかもしれません。

 

返さないというのは、除外したとしても、

何かをしてもらって初めて、何かを返す。

これが普通になっている人は、多いのでしょうが、

 

この場合、何かをしてほしいと常に願っているかもしれませんが、何かをしてもらえることはほとんどなくなります。

 

 

わかりにくいかもしれませんが、

これを「エネルギー」で捉えるとこうなります。

 

1.何かをしてもらうという100のエネルギーがきました。

 

2.エネルギーがきたので、70のエネルギーを返しました。

 

3.相手方も、70のエネルギーがきたので、49のエネルギーを返しました。

 

4.エネルギーがきたので、34のエネルギーを返しました。

5.相手方も、34のエネルギーがきたので、23のエネルギーを返しました。

 

このように来た時だけ返すのであれば、どんどんエネルギーは小さくなります。

 

なぜなら、受け取った以上にエネルギーは返せないからです。

どこかでロスが出て、最高でも7割ほどしか返せないのです。

 

+++++****++++****

 

この結果どうなるかは、明白ですね。

エネルギーがなくなって、何も来なくなる!ですね。

 

これが、何も来ない人の方程式です。

では、いつも何かがやってくる人はどうなっているのか?

 

***+++***+++***+++

いつも何かがやってくる人は、

全然違う方程式です。

 

返ってくるとか、来ないとか、そんなこと意識せずに、

自分のできることを、ただただ淡々と送りだす。

 

時間を見つけては、ただただ淡々と。

 

この前送ったのは、Aだったから、今度はBで、次はCでというようにです。

 

 

すると、どうなるのか?

時には、Aのお返しが、

時には、Bのお返しが、

また、時には、AとBを合わしたお返しがやってきます。

どんどん何かがやってきます。

 

 

これが、いつも何かがやってくる人の方程式です。

 

+++++****++++****

 

これは、モノでもお金でも同じことですね。

 

お金に限って言うと、

お金が入ってきたら、誰かに取られる(支払いがあるなども)という発想の人なら、

 

お金が入ってくると困るので、入ってこなくなりますね。

 

 

誰かが喜んでくれるだろうと、お金というエネルギーを使うと、

お金というエネルギーが流れてくるだけのことですね。

 

エネルギーの流れ、わかりますでしょうか?

 

ありがとうございます。

 

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.