ハンカチから学ぶこと

2016-01-08

電車の座席に、20代の女性が、ハンカチを忘れたまま立ち上がり電車を降りたので、そのタオルハンカチを取り、慌てて電車から降りて、その女性を追いかけて、「お忘れですよ」と声をかけた。すると、その女性は、面倒くさそうに振り向いて、何も言わずにそのハンカチを半ばひったくるように受け取った。
降りるべき駅でもないのに、電車から降りてハンカチを渡すべきでもなかったのか、それとも、忘れたままにしたかったのか、私がハンカチを持ったから気に入らなかったのか、理由は定かではないが、明らかに不機嫌だった。
ハンカチは忘れていても、そのままにするのがいいのか?と言い聞かされたような出来事であった。

だというのに、同じ日に、前を歩く2人の女性のうちの1人が、ハンカチを落としたまま、歩いていく。
これは、もうそのままにしておくほうがいいのか?
いや、そんなことはないだろう。
すぐに拾い上げて、「落とされましたよ」と声をかけた。
振り返りながら、「あ!ありがとうございます」と言うこれまた20代の女性。今度はにっこり笑ってお礼を言われた。良かった!どうやら、私がハンカチを持ってもいいようだ(笑)
それにしても、同じような出来事が起こっても、素直に「ありがとう」と言えることは大事ですね。
その「ありがとう」が、人を喜ばせたり、嫌な気持ちにさせたりもする。嫌な気持ちになった人が、次回からは一生もうその行動をしなくなるとすると、「ありがとう」と言えることの意味は大きいですね。
さて、皆様はどんな場面でも、素直に「ありがとう」と言えますか?

阿川龍翔の主な活動

① 人生を豊かにするのに唯一必要な「ありがとう」を解説します。
②「私の取扱説明書」を作成する講座を開催しています。
③「本当の自分にあう」合宿の開催。
④「自分の使命」に氣付くための「ゼロポイント」セッション。
⑤「宇宙の真理」に氣付くための「ワンステップ」セッション。
⑥「自分を愛する」ことを知るセミナーの開催。
⑦ 企業や店舗、人財に対しての優しいダメ出し。
⑧ ハガキを用いて人を喜ばせるワークショップの開催。
⑨「言葉の使い方で人生を変える」セミナーの開催。
⑩ しあわせをお届けする「しあわせ新聞」の発行。

阿川龍翔オフィシャルサイト

https://www.heartwarmer2525.com/

 

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.