人生を豊かにしてくれるもの

2018-03-08

あなたの至福の時間はどんな時間でしょうか?

その瞬間、

「あ~、しあわせやなぁ」

と思わず声がでるような時のことです。

 

本当は、生きている時間すべてが

しあわせな時間なのでしょうが、

なかなかそうは思えないのが人間でしょうかね。

 

私なら、

美味しいコーヒーを愉しむ時間は、

思わず声が出ますね(笑)

 

しかし、

美味しいコーヒーといっても、

どこにでもあるコーヒーではないです。

 

まずは、

生豆を取り出して、焙煎することから始まります。

 

生豆を取り出す時から、

至福の時間がもう既に始まっているのです。

 

その日の気候や自分の状態で、焙煎が変わります。

 

パチパチと焙煎器の中で踊っている豆にだけ集中します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焙煎が終わった豆を少し団扇で扇ぎながら、

すでに目と鼻で愉しんでいます。

 

そこからまた、焙煎した豆をミルすると、

その瞬間から、

ええ香りの特別な空間のできあがり~

「お~!!」と毎回思わず声がもれます(笑)

た・ま・ら・ん・・・

 

はやる氣持ちをおさえながら、

ゆっくり丁寧にドリップして、その時を待ちます。

 

注いだお湯の100分の92までコーヒーになると

その時はやってきます。

 

琥珀色のような澄んだ色のコーヒーを

マイカップに注ぎます。

 

そこでもまた、いつもやってしまうのが、

その琥珀色に鼻を近づけて、

「お~ええわぁ」とつぶやくこと。

 

そして、一口

口に入れると、必ずまた

「うんまぁ・・」と声が漏れます。

 

「あ~しあわせやなぁ」としみじみと感じていると、

空になったカップにやっと気付くのです。

 

琥珀色の輪っかが残ったカップの底を見ては、

戻して、また見ては、戻してを繰り返します。

 

何度見ても、もう既にないのに、見てしまうのです。

名残惜しい・・・(笑)

これがわたしの至福の時間

 

この時間は、

美味しいコーヒーだけでは成り立ちません。

 

そのコーヒーを愉しむ豊かな時間に

許可を与えることが必要なのです。

その二つがあってこそ成り立つのです。

 

もちろん、私はコーヒーですが、

あなたはどんなことでしょうか?

 

あなたの至福の時間に

許可は出せていますでしょうか?

 

毎日、何度も至福の時間に許可を出す人生と

自分の至福の時間がわからない人生では、

人生の豊かさは全く違いますね。

 

あなたの至福の時間は、どんな時間でしょうか?

 

そして、その時間はいつやってきますか?

一日に何度かですか?

それとも毎日ですか?

何日に一回ですか?

 

至福の時間が自分を元氣にしてくれますね。

 

至福の時間が、

自分のエネルギーチャージの時間だともいえますね。

 

あなたの至福の時間は?

 

 

 

 

ご質問、お問い合わせは、

☞こちらへ

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.