小学校はこうして、変わる!

2018-03-30

私のもとに届いたのは、何度も何度も鉛筆で

書いては消してを繰り返した跡がある封筒でした。

差出人は、小学校三年生の女の子。

 

その手紙の内容は、

人を喜ばせることが大好きになったこと、

そして、すべての事に「ありがとう」の心を

もつことができるようになったこと、

さらに、

人を喜ばせるすばらしさを100人以上の人に

伝えると書いてありました。

 

また、

嬉しいことに、

「四つ葉とありがとうで幸せになってください」

というメッセージが書かれた本物の四つ葉の

クローバーが二つ貼り付けてある手作りの

お守りが同封されていました。

 

 

小学校3年生の女の子が、小さな小さな手で

何度も何度も書き直しながら手紙を

書いてくれたこと、

そして、

校庭で一生懸命探して、やっと見つけた

四つ葉のクローバーを二つも貼り付けて

お守りをつくってくれたこと、

そのどれもがとても嬉しいことでした。

 

やはり、子どもは素直です。

 

人を喜ばせると、自分が喜ぶことになる

ことを体験すると、それをたくさんの人にも

伝えようとします。

 

ありがとうの心の大切さを理解すると、

何の躊躇もつべこべ考えることもなく、

ありがとうの心の大切さを即座に行動で示します。

 

この女の子が、こんな行動をするのも、

この女の子の担任の先生が、

ある授業をしたことがきっかけです。

 

それは、私の中にあった仮説でしたが、

いろいろな結果から完全に確信に変わりました。

 

小学生を変えられるということです。

言葉を変えるのであれば、

「喜ばせ組」を作ることができるということです。

 

ただの3年1組なのか、

3年喜ばせ組なのか、

その違いは、生徒の数の10乗ぐらいの

おもしろい出来事となって還ってくることでしょう(^^)

あなたはどんなクラスがよろしいですか?

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.