素直な子どもたちの変化

2018-01-20

ありがとうございます。

 

「阿川人生大学」を受講中の

小学校の先生から

嬉しいご報告がありました。

@@@@@

そのクラスは、学校中の

どの先生も受け持つのは

嫌だというぐらい問題を起こす

生徒の多いクラスでした。

 

その3年のクラスを受け持つ

ことになったのは、

昨年の4月。

 

1学期の最初は、

職員室から教室へ向かうと

クラスの半分ぐらいは、

どこかに行ってしまって

いないこともありました。

 

授業をしていると、

勝手に立ち上がって

自分たちの興味のある所へ

行ってしまうなんてことも

よくありました。

 

それに、学校の外で問題を

起こすこともありました。

 

それについて、苦情やお叱りの

電話を受けることもよくありました。

 

その状態から、いろいろなことを

試みました。

しかし、2学期になって、

少しはましになりましたが、

まだまだ騒がしい

のはかわりませんでした。

 

そして、10月から、

阿川人生大学を受講する

ようになった先生。

 

毎週の講義と毎日の補習で、

子どもたちへのアプローチを

全く変えました。

 

@@@@@@

 

するとどうなったのか・・・

 

@@@@@@

2学期の最後に、

「人を喜ばせると、

自分も喜ぶことになる」という

ことを伝えるために、

ある授業をした結果、

子どもたちは大きく変わり

始めました。

 

そして、3学期の最初には、

朝、気が付くと、クラスの30人の

生徒の内、

20人が自主的に、

玄関の掃き掃除をしていたのでした。

 

 

「アッ」と驚くのと同時に、

泣けてくるのを抑えるので

必死でした。

 

前の日に子どもたちに伝えた、

校門から教室までの間で、

どんな喜ばせることができるのか?

の答えを

子どもたちが見つけた瞬間でした。

 

もちろん、これだけではありません。

 

苦情などがなくなった

ばかりではなく、

こんな嬉しいことをしてくれた、

元気をもらったというような

電話がかかるようにもなったのです。

 

もちろん、これで終わりでは

ありません。

 

さらに、面白いことが起こる

はずです。

 

なぜ、そうなったのか?

 

それは、

先生が、今までとは全く違うことを

したからです。

 

毎週、毎日、

阿川人生大学では、子どもたちを

喜ばせることを

真剣に何時間も話します。

 

それが形となって、現れることが

私もとてもうれしいです。

 

さらに、この子たちが、

将来、どんな大人になるのかは、

もっと楽しみです。

 

 

ありがとうございます。

阿川人生大学

阿川人生大学

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.