自分を喜ばせる

2018-03-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って子どもを育てているママは

多いのかもしれませんね。

 

だれも助けてくれない。

 

でも、

誰も助けてくれないからこそ、

自分が頑張らないと!

 

そして、

疲れ切っている。

 

もう、いっぱいいっぱい。

 

もう、これ以上頑張れないよ・・・。

そんなママはたくさんいますね。

 

休みの日になっても、

だんなは、

「休みの日ぐらいゆっくりさせてくれ」

という。

 

あの?

 

私は、休みの日なんてないのよ。

一年中、毎日、子育てしてる。

 

月に一回ぐらいだけ、だんなが

子どもの服を着替えさせてくれる。

 

すると、

俺が着替えさせてやった!という。

 

え?

月に一回?

私は、一日3回

年間で1000回以上だよ。

年間1000回と年間12回

 

100倍ぐらい私はやってるよ。

そう心では思っても、口にはだせない。

 

何も言わずにだまって私は頑張っている。

 

そんなママに。

一日に一回、少しの時間でも、

小さなことでもいいので、

がんばった自分を喜ばせてみませんか?

 

小さなご褒美を与えてみませんか?

 

子どもが寝静まった時に、

一粒のチョコレートでもいいです。

ホッと一息お茶をするのでもいいです。

 

自分が喜ぶご褒美を

自分の心に聴いて、用意するのです。

 

そして、その時間を与えます。

 

そんな時間ありません・・・。

 

あなたは、そう言いますか?

 

もちろん、そんな時間は少ないのかもしれません。

 

でも、あなたがあなたを大事だと思うなら、

そして、子どもを大事だと思うなら、

あなたが、豊かな心でいることが大切ですね。

 

あなたが、あなたのことを大事だと思う気持ち。

それが、あなたがあなたに与えるご褒美です。

 

あなたは、すばらしいのです。

それぐらいの時間を持ってもいいのです。

あなたは、

それぐらいのご褒美を

与えられる価値があるのです。

 

あなたにもっと優しくしてあげてください。

 

あなたは素晴らしいのです。

あなたは、充分頑張っています。

 

あなたは、もっとあなたのことを褒めてあげてください。

あなたは、素晴らしいです。

 

ありがとうございます。

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.