自分を愛すること!

2017-02-24

「ペタ、ペタ、ペタ・・・」
スリッパのように革靴を

引きずりながら歩く音

 

 

それは、男性だけではなく、

モコモコブーツを履く女性にも多い。

 

その音がよく耳に飛び込んでくる。

 

歩くということは、

地面との摩擦があるから、

できること!とは言え、

ペタ、ペタと擦りながらで

なければならないわけではない。

 

それでは、靴に優しくないだけではなく、地面という地球にも優しくない。

 

さらに言うと、気になる人には、

とても耳障りな音がする。

 

私には、靴の悲鳴のような音

にしか聴こえない。

 

 

しかし、その音を出している

当の本人は、少なくとも

気にならないからそうなっている

のだろう。

 

 

1日に何度もその音を耳にする

のだから、気にならない人が

多いのかもしれない。

 

 

私には気になって仕方がないが、、。

 

 

そのせいでコンマ何ミクロンかの

地面が多く削り取られていること

でもある。

 

 

当然、靴はペタ、ペタという

回数分削り取られていく。

 

 

それは、歩き方や姿勢にも影響すること。

 

自分の足を意識すると、

その音が聴こえてくるのかもしれない。

 

聴こえないのは、

自分の足に意識がいかないから。

 

 

身体の声に耳を傾けると、

いろいろな音が聴こえてきますね。

 

それは、すなわち、自分を愛すること。

 

 

自分が、自分のことを愛さないのでは、

自分はいつまでも満たされないまま

になりますね。

 

今日は、プレミアムフライデー!
余裕がある時間に、

身体の声に耳を傾けてみては?!

 

 

Copyright© 2013 阿川龍翔オフィシャルサイト All Rights Reserved.